•   

Camp権代とは?

宮崎県最南端の串間市の中央部に位置する自然体験型ゾーンです。

大自然あふれる串間市は日本有数のエコツーリズム推進地域として認定されました。

Camp権代は、平成29年に環境省のエコツーリズム推進法認定団体に認定された宮崎県串間市のエコツーリズム推進協議会の推進部会長であり、みやざきツーリズム協議会理事の河野良人が運営する自然体験型活動団体です。

串間市は年間日照時間全国トップの宮崎県の、その最南端に位置し、77kmの変化に富んだ海岸線と奥深い山稜からなる市全体が大自然あふれる地域です。

野生馬が群れる国定公園の都井岬や京都大学の霊長類研究所の調査研究対象である文化猿の生息する幸島、一年中サーフィンのメッカとして人気のある恋ヶ浦に加え、海洋の愛らしい動物が迎えるイルカランドなどの他、日本で唯一発見された中国の宝物である玉璧や古来の貿易港など、興味尽きない歴史とそれにともなう史跡などが豊富に存在します。

多くの自然体験型観光のなかで、Camp権代は串間の中央(ヘソ)に位置する、本城の権代地区の山中に建立されたウッドハウス(農家民宿Camp権代)と約5ヘクタール(250m×200m)からなるトライアルゾーンです。
 
ここの場所は太平洋と志布志湾にまたがる海岸線を結ぶ領域の中央になることから、今後パワースポットとして展開することを企図します。
 

 
 

自然環境や歴史文化を体験しながら学び、その保全にも責任をもつ観光のあり方を実践するためのツアーがエコツーリズムです。

 
 
  NANKYU-NET-CITY「人とITの融合による新たな南九州の創造」その目的は個人・ 組織・各種団体・企業・事業所・行政の協働による経済効果醸成。
 
 
 デジタルとリアル これまでの経験とこれからの体験。それらを一つのテーブルに並べることで、それぞれの地方の新たなるクオリティブを提言&実践します。
 
 
 

權代に通じる本城地区の変化に富んだ海岸沿いに位置する本城干潟は「全国干潟50選」に指定され希少な生物が生息しています。

 
 

宮崎県串間市の総合情報サイトとしてスマフォやiPadなどモバイルレイアウトのスタイルで発信している市内ネットワークのMAIN-HPです。

 
 

くしま市の特産品(農産物・水産物・食品加工品など)をネットで販売し、JR宮崎駅構内にアンテナショップ「チャレンジくしま」を展開しています。